かいじ (甲斐路)


かいじ (甲斐路)


    かいじ
甲斐路はとても品のある美味しい
葡萄です。
皮のまま食べられます。

種のある葡萄なので、種を面倒がる
方や子供さんたちには種が気に
なってしまうと言うお母さまたちが
多くいらっしゃることも事実です。


ただ、根強い甲斐路ファン、特に女性の
ファンがいらっしゃることも事実です。

スグルのブドウでもこの様な消費動向を
踏まえ生産量は年々減少させています。


収穫前には粒割れを防ぐ為、葡萄の
房の上に茶色や乳白色のカサを掛け
陽の光を当てます。
棚に差し込む光の加減は枝を切り
落とし、 葉っぱの量で調整、葡萄の
自然の色づけを促進させます。

    手のかかる 「かいじ」

 収穫されて来たかいじ。出荷用の最終チェックを受け箱詰めされます

 かいじはデリケートなブドウです。
 育てるにも手がかかり最終センテイ箱詰め完了まで慎重に作業します

 かいじの皮は柔らかく、おしゃれなワインレッドで、あざやかな色ごと味覚
 として召し上がることが出来ます


かいじ(甲斐路)フォト特集